札所紹介

第二十三番札所 古懸山 國上寺(こがけさん こくじょうじ)

610年、国家北門鎮護のため聖徳太子の命を受けて開基。圓智上人が不動明王、両童子を刻して安置したという。特に鎌倉時代には将軍の祈願所、江戸時代には津軽家の祈願所となり篤い庇護を受けた。津軽三不動尊の一つで古懸のお不動様として広く信仰を集める。
國上寺本堂

古懸山国上寺は人皇第三十三代推古天皇御宇十八年(610)、国家北門鎮護のため、聖徳太子の命を受け秦川勝公が阿闍羅山上に伽藍(がらん)を造営、智者大師附弟圓智上人が不動明王、両童子を刻して安置し開基、阿閣羅山不動院と号したのに始まる。

建長六年(1154)、北条時頼公が本尊ならびに法具を現在地に奉移し、三森山不動院古懸寺と改め、鎌倉将軍数代の祈願所となった。
天文五年(1536)、お堂、坊舎を大檀那金藤上野守造営、天正十六年(1588)、津軽右京亮為信公が国上山不動院古懸寺と改め、鎮護国家、津軽家領域安泰のため、さらに仏殿、山門、護摩堂、大師堂などを造営し、寺領地二百町歩、寺録二百石を贈り津軽家歴代の祈願所とした。
津軽二代目藩主信牧公により古懸山不動院国上寺と改められ、直筆の額面を賜り厚く信仰された。
明治四年(1871)、廃藩のため寺領地、寺録を奉還、明治二十六年(1893)旧正月七日の火災のため、本堂ならびに仏堂を焼失、焼失を免れた護摩堂を本堂として、昭和五十四年(1979)現本堂建立まで寺務を執行した。

津軽三不動尊の一つで、地域の信仰も厚く、さらに所蔵する棟方志功の版画・不動尊のほか、脇(わき)壇の見返り不動尊などが安置されている。

寺院プロフィール

よみがな こがけさん こくじょうじ
寺院名 古懸山 國上寺
宗派 真言宗智山派
本尊 不動明王
住所 〒038-0102
平川市碇ヶ関古懸門前1-1
お問い合わせ 0172-45-2446
参拝受付時間 随時受付
駐車場 無料駐車場あり
トイレ 公衆トイレあり
ご詠歌
むかしより こがけのやまに のりのひを ともすだいしの ありがたきかな
むかしより 古懸の山に 法の灯を ともす大師の ありがたきかな
いつまでも やどりおりたや こくじょうじ ころものすその そのしたにして
いつまでも 宿りおりたや 国上寺 衣の裾の その下にして
行事日程
  • 旧暦1月1日 元旦祭護摩祈祷
  • 旧暦1月28日 初不動祭護摩祈祷
  • 旧暦4月8日 三不動祭 旧暦花まつり(仏生会)
  • 旧暦5月28日 夏季例祭護摩祈祷
  • 旧暦8月17日 村祭(宵宮)
  • 旧暦8月18日 村祭(本祭)
  • 旧暦9月28日 秋期大祭護摩祈祷
他の霊場 東北三十六不動尊霊場 第十三番札所
津軽三不動尊
津軽一代様 酉年生まれ
関連リンク

天気予報

平川市碇ケ関古懸門前の今日明日の天気 Yahoo!天気情報
今日の天気 - 2月19日(月)
時刻 0時 3時 6時 9時 12時 15時 18時 21時
天気 曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
乾雪
乾雪
曇り
曇り
気温 -5℃ -7℃ -8℃ -4℃ -2℃ -2℃ -4℃ -3℃
湿度 78% 81% 82% 71% 60% 58% 68% 60%
降水量 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h
風向
風速
南南西
2m/s

2m/s

1m/s
南南西
2m/s
西
3m/s
西
4m/s
南南西
3m/s
西南西
2m/s
明日の天気 - 2月20日(火)
時刻 0時 3時 6時 9時 12時 15時 18時 21時
天気 曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
曇り
乾雪
乾雪
気温 -4℃ -5℃ -8℃ -4℃ -1℃ -1℃ -4℃ -5℃
湿度 66% 70% 78% 70% 60% 60% 58% 68%
降水量 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h 0mm/h
風向
風速
南西
2m/s
南西
1m/s
南南西
1m/s
南南西
1m/s
西
3m/s
西南西
3m/s
西南西
2m/s
南西
2m/s

ページ上部へ戻る