関連キーワード「大日如来」の記事一覧

  1. 第一番札所 金剛山 最勝院(こんごうざん さいしょういん)

    天文元年、弘信法印が堀越城外の北、萩野に開基。津軽真言五山の筆頭で、享保6年には津軽で初めて宮家が住職に。本州最北端の国指定重要文化財五重塔がある。

  2. 第三番札所 弘前高野山 法光院(ひろさきこうやさん ほうこういん)

    昭和32年北山公章師が弘前市萱町に開山。同52年現在地に新四国八十八ヵ所弘前霊場をも開山、修行大師銅像を建立した。同59年に法光院を現在地に移転し、平成11年4月開山40周年記念に鐘楼堂(平和を祈る鐘)が建立された。

  3. 第十番札所 五色山 聖心寺(ごしきさん せいしんじ)

    昭和35年弘前市南横町で成田聖心師が「聖心会」として布教。山岳信仰の開祖赤倉大神と真言宗開祖弘法大師の訓に基づき、神事、仏事、神占い、祈祷を行う。

  4. 第十九番札所 朝日山 常福院(あさひやま じょうふくいん)

    古くは京都三宝院末の修験道だったが、修験廃止により真言宗醍醐派に。黒石藩代々の祈願所であった。

  5. 第二十二番札所 神岡山 大圓寺(じんごうざん だいえんじ)

    重要文化財「大日如来像」を安置し、「大鰐の大日様」として親しまれている。明治4年弘前から大圓寺の寺号を移した。

ページ上部へ戻る