関連キーワード「不動明王」の記事一覧

  1. 大王寺本堂

    第二番札所 北門山 大王寺(ほくもんざん だいおうじ)

    真言宗醍醐派に属し岩木山赤倉山に入り修験。言い伝えによると、本尊は鯵ヶ沢の海中より出でし不動明王で、昭和16年現在地に高倉布教所を開教。

  2. 不動寺本堂

    第四番札所 鷹揚山 不動寺(おうようざん ふどうじ)

    昭和41年加福晃教師が真言宗国分寺派の末寺として開山した。修験道、加持祈祷を中心に活動し、同61年修験道を極めるべく寺籍を醍醐派に移す。津軽七福神霊場「毘沙門天」奉安所。 平成27年より高野山真言宗となり、阿字観瞑想法の道場を開設。

  3. 弘前寺本堂

    第五番札所 成田山 弘前寺(なりたさん こうぜんじ)

    大本山成田山新勝寺の末寺で、昭和23年開山。初不動の御幣護摩、釜鳴りは、一年の吉凶を占う行事として知られる。

  4. 覚応院本堂

    第七番札所 行峯山 覚應院(ぎょうほうざん かくおういん)

    津軽五代藩主信寿公の時代、家老喜多村氏が茶臼館に不動尊を安置したことに由来する。藩の祈願所として寺禄二十俵を受けていた。

  5. 第十三番札所 成田山 大善院(なりたさん だいぜんいん)

    元禄15年、浅瀬石高賀野にあったが浅瀬石城が為信に攻められ落城した後は掘越に移され、津軽藩の祈願寺となる。

  6. 第十四番札所 大峰山 蓮正院(おおみねさん れんしょういん)

    一説によると関ヶ原の戦いに敗れた由緒ある武士が縁起とされ、開祖の法螺貝などがある。津軽七福神霊場「弁財天」奉安所。

  7. 第十七番札所 成田山 青森寺(なりたさん せいしんじ)

    明治21年開基。千葉の成田不動尊詣のために組織されていた成田講の人達が、青柳に不動堂を建立したのが始まりである。

  8. 國上寺本堂

    第二十三番札所 古懸山 國上寺(こがけさん こくじょうじ)

    610年、国家北門鎮護のため聖徳太子の命を受けて開基。圓智上人が不動明王、両童子を刻して安置したという。特に鎌倉時代には将軍の祈願所、江戸時代には津軽家の祈願所となり篤い庇護を受けた。津軽三不動尊の一つで古懸のお不動様として広く信仰を集める。

ページ上部へ戻る