関連キーワード「西北五地域」の記事一覧

  1. 第十一番札所 西の高野山 弘法寺(にしのこうやさん こうぼうじ)

    開創は不明だが明治再興。独身で死んだ人に伴侶をおくる寺として知られ、全国で唯一等身大の「御休み大師」がある。

  2. 円覚寺本堂と金比羅堂

    第十二番札所 春光山 圓覚寺(しゅんこうざん えんがくじ)

    伝説では807年、坂上田村麻呂が草創。藩政時代は北前船の無事を祈り、多くの絵馬を奉納。薬師堂内厨子は重要文化財。

  3. 第十三番札所 成田山 大善院(なりたさん だいぜんいん)

    元禄15年、浅瀬石高賀野にあったが浅瀬石城が為信に攻められ落城した後は掘越に移され、津軽藩の祈願寺となる。

  4. 第十四番札所 大峰山 蓮正院(おおみねさん れんしょういん)

    一説によると関ヶ原の戦いに敗れた由緒ある武士が縁起とされ、開祖の法螺貝などがある。津軽七福神霊場「弁財天」奉安所。

ページ上部へ戻る