関連キーワード「津軽三十三ヶ所観音霊場」の記事一覧

  1. 第六番札所 護國山 久渡寺(ごこくさん くどじ)

    久渡寺山の中腹にあり、津軽平野が一望できる。本尊は聖観世音菩薩。津軽三十三ヵ所観音霊場第一番札所で、オシラ様が有名。

  2. 第九番札所 岩木山 求聞寺(いわきさん ぐもんじ)

    津軽二代藩主信牧公が領内の安定を願い、寛永6年求聞持堂建立。丑寅の守り本尊で多くの参拝者が訪れる。

  3. 円覚寺本堂と金比羅堂

    第十二番札所 春光山 圓覚寺(しゅんこうざん えんがくじ)

    伝説では807年、坂上田村麻呂が草創。藩政時代は北前船の無事を祈り、多くの絵馬を奉納。薬師堂内厨子は重要文化財。

ページ上部へ戻る