関連キーワード「津軽一代守り」の記事一覧

  1. 第一番札所 金剛山 最勝院(こんごうざん さいしょういん)

    天文元年、弘信法印が堀越城外の北、萩野に開基。津軽真言五山の筆頭で、享保6年には津軽で初めて宮家が住職に。本州最北端の国指定重要文化財五重塔がある。

  2. 不動寺本堂

    第四番札所 鷹揚山 不動寺(おうようざん ふどうじ)

    昭和41年加福晃教師が真言宗国分寺派の末寺として開山した。修験道、加持祈祷を中心に活動し、同61年修験道を極めるべく寺籍を醍醐派に移す。津軽七福神霊場「毘沙門天」奉安所。 平成27年より高野山真言宗となり、阿字観瞑想法の道場を開設。

  3. 橋雲寺護摩堂

    第八番札所 愛宕山 橋雲寺(あたごさん きょううんじ)

    藩政時代百石の寺禄を得た寺。本尊は、津軽藩祖為信公が信仰した。辰年、巳年生まれの一代守り本尊として知られる。

  4. 第九番札所 岩木山 求聞寺(いわきさん ぐもんじ)

    津軽二代藩主信牧公が領内の安定を願い、寛永6年求聞持堂建立。丑寅の守り本尊で多くの参拝者が訪れる。

  5. 第二十二番札所 神岡山 大圓寺(じんごうざん だいえんじ)

    重要文化財「大日如来像」を安置し、「大鰐の大日様」として親しまれている。明治4年弘前から大圓寺の寺号を移した。

  6. 國上寺本堂

    第二十三番札所 古懸山 國上寺(こがけさん こくじょうじ)

    610年、国家北門鎮護のため聖徳太子の命を受けて開基。圓智上人が不動明王、両童子を刻して安置したという。特に鎌倉時代には将軍の祈願所、江戸時代には津軽家の祈願所となり篤い庇護を受けた。津軽三不動尊の一つで古懸のお不動様として広く信仰を集める。

ページ上部へ戻る